卵・乳製品なしのレシピ【シュタイナーのおやつ】

シュタイナーのおやつ
オーストリアの哲学者「ルドルフ・シュタイナー」の理念に基づく、シュタイナー教育を実践している幼稚園などでの、

おやつは週の曜日によって設定されているとのこと。
それも全部、自然との調和とリズムを大切にし、どれも穀物なんだそうです。

シュタイナーとはなんぞや?と思われる方も多いと思います。
レシピは、卵、バター、牛乳、生クリームなどが使われていません。
マクロビオティックなおやつとほぼ同じだと思います。

著者のお子さんが通っていた、シュタイナー系の幼稚園での考えを元に、
月曜は 玄米、
火曜は カラス米、
水曜は きび、
木曜は はとむぎ、
金曜は ライ麦、
土曜は とうもろこし、
日曜は 小麦、
ということで、章も曜日ごとに分かれており、それにプラスして「クリスマスのお祝い」の章があります。

「シュタイナー」のことは正直知りませんでした。
小さいお子さんには店頭で売っているお菓子だけでなく、物心ついた頃から、こういった素朴で卵やバター、乳製品を使わないおやつを食べる習慣は大事だなと思います。

シュタイナーのおやつのもくじ紹介


月曜は玄米では、玄米粉や玄米甘酒を使ってのレシピが8レシピ。
火曜はカラス米では、りんごジュース、オートミール、菜種油、重曹などを使います、7レシピ。
水曜はきびでは、もちきび、たかきび、ひえを使います。
「ひえのフルーツゼリーケーキ」など、8レシピ。
木曜ははとむぎでは、「ココナッツミルク汁粉」「じゃがいもニョッキ」など6レシピ。
金曜はライ麦では、「ベリーのライ麦パン」「ライ麦クラッカー」など4レシピ。
土曜はとうもろこしでは、「コーンマフィン」「コーングリッツのおかゆ」など8レシピ。
日曜は小麦では、「野菜蒸しまんじゅう」「2色のかわり野菜うどん」「ねじりドーナツ」など6レシピ。
クリスマスのお祝い、では「セモリナ粉のフルーツケーキ」「米粉のフルーツケーキ」など4レシピ。
全部で51レシピが掲載されています。
シュタイナーと聞いて、興味のない方もいらっしゃると思いますが、卵、牛乳、バターなどの乳製品のアレルギーのお子さんがいらっしゃるおうちでも、
じゅうぶん役に立つレシピ本です。
手にとって良かったなと思いました。

シュタイナーのおやつ

シュタイナーのおやつ

  • 作者:陣田靖子
  • 出版社:クレヨンハウス
  • 発売日: 2009-04-24

さらにひとこと感想

アレルギーの子供を持つ友人にも紹介したいと思います!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加