テオブロマ土屋公二の板チョコで作るかんたんチョコレートお菓子

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

テオブロマ土屋公二の板チョコで作るかんたんチョコレートお菓子 (レタスクラブMOOK)
分量が板チョコレート1枚60gからの

レシピが多く、ほかのレシピも板チョコレートを基準にしたgとなっていますのでとてもわかりやすいです。
あっちゃんことわたしも、最初は板チョコレートを使うことからチョコレートのお菓子ははじまって、でもどうもレシピ本の表記が100gや150gなどが多く、だんだんと、チョコレートは200g単位で購入するようになっていました。
そんな買い方が続き、飽きてしまうというかあまってしまうことも多く、
また、「あチョコレートを使ったお菓子作りたい!」ってときに、板チョコレートじゃ・・・なんて思ってました。
でもこちらのレシピ本を読んでから板チョコレートを買い置きするようになりました!初心者の方にもおすすめします。
章は
第1章『ぱぱっと作れるチョコレートのおやつ』
ほんとに簡単にすぐ出せるおやつレシピで、なかでも「チョココロッケ」レシピは必見です。
第2章『ギフトにもぴったりのアレンジチョコレート』
定番のおやつからプレゼントのレシピもあります、フォンダンショコラ、クッキー、カップケーキ、ドーナツ、マドレーヌ、などなど11レシピが紹介されています。
第3章『食後のひとときにも合うチョコのデザート』のチョコオムレツなど7レシピ紹介の、3つに分かれ、
ロッテのガーナミルク(板チョコレート)と土屋公二さんの「かんたんチョコレートレシピ」として3レシピ、
全部で、アレンジレシピも含めると32レシピ掲載されています。
「チョコレートを扱うコツとお菓子作りのキホン」のページもあります。
チョコレートは難しいテンパリングではなく、電子レンジで溶かすときのコツがありますので、
扱いやすいですよ。

タイトルとURLをコピーしました