米粉レシピ本【かんたん、おいしい米粉のお菓子―次から次へとつくりたくなります。】

かんたん、おいしい米粉のお菓子―次から次へとつくりたくなります。 (主婦と生活生活シリーズ)
米粉100%のお菓子レシピ本です。米粉についての解説も

綴じ込み付録として別ノートのように添付されています。
第1章『ちいさな焼き菓子』では、
「さくさく・かりかり・しっとり」という食感で3つに分かれています。
レシピは基本のレシピ→簡単に説明された応用レシピの紹介の構成になっています。
3種類の味のしぼり出しクッキー、型抜きクッキー(プレーン、カフェモカ、スパイス)、ショートブレッド3、クラッカー(カレー・チーズと黒胡椒・七味唐辛子)、かりんとう(ゆかり・しょうが・黒糖)、ビスコッティ(アーモンド・ココナッツ・黒ごま)、ソフトクッキー(プレーン・あんずチョコ・黒糖プルーン)、ブッセ(ガナッシュ・プレーン)など全部で23レシピです。
第2章『ごちそうケーキとパイ、タルト』では、
「ざっくり・もっちり」の2つに分かれています。
スポンジケーキ(プレーン・ココア)、パウンドケーキ(プレーン・ゆず)、ロールケーキ(栗・プレーン)、シフォンケーキ(プレーン・カモミールオレンジ)、パイ(りんご・パイナップルとクリームチーズ)、タルト(あんず・ブルーベリーカスタード)の12レシピが掲載されています。
第3章『大好きな3時のおやつ』では、
もっちりドーナツ、バナナとくるみのマフィン、みそ蒸しパン、かぼちゃのスコーン、にんじんのパンケーキ、きな粉と黒糖のクレープ、さつまいものおやき、もちもちどら焼き、ブルーチーズといちじくのピザ、9レシピが紹介されています。
種類が多く、オールマイティで、スイーツに米粉を使うことは特殊な技術はいらないんだよね、とわかる本です。
また、食感でカテゴリーの中を分けることで米粉を使った焼き菓子の良さもわかる本だと思います。
米粉+バターの組み合わせが多く、ほとんど小麦粉を使うときと変わらない材料で出来上がると思いました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加