斬新なスコーンレシピの本【ケーキみたいな 新しいスコーン】

ケーキみたいな 新しいスコーン
横浜にある人気スコーンの専門店『ダイアモンドケークス』の、
オーナーさんが紹介する、今までのスコーンとは違った、
とってもおしゃれな新しいスコーンのレシピです。
最近、スコーンをいろいろな配合で作るのが楽しく、
さてなにか作ろうというときに失敗もないので、
改めてわたしのなかのブームになっていました。
そんなときに、こちらのレシピ本に出会って、
すごくタイムリーでした。
レシピは6つの章にわかれていて、
レシピのタイトルは人の名前になっています。
そこを掲載してもレシピのイメージがわからないと思うので
今回は端折らせてもらいましたが、
ぜひぜひ書店で本を手に取りページを開いて欲しいです!
スコーン、といっても素朴なものではなく、
見た目もとっても美しいです。
スコーンはもうちゃちゃっと出来る簡単なお菓子なので、
すごーく素朴な見た目になるし、
それはそれで手軽に食べられていいのですが、
こうもおしゃれなお菓子になるのかと、びっくりしました。
作り方も、もちろん既存のレシピとは違う工夫点があります!
え!と思う工程もあります。
これは作ってみないと体験できない面白さだったりします。
かたちによっても食感が変わる、というところまで、
意識していませんでした。
ラブリーの章では、女子のテンションが上がること間違いなしの
スコーンが並んでいます。
バレンタインのプレゼントにも良さそうです。
今までのスコーンにはなかった斬新なデザインのものもあります。
イノセンスの章では素朴なかわいらしいスコーンが
並んでいます。
ゴージャスの章ではおめかしした、今までのスコーンの概念をこえた、
ケーキのようなスコーンが並んでいます。
巻き込みスタイルは斬新ですし、
個によって、なかの材料が偏るのも防げると思います。
ナチュラルの章では、果物やナッツなどの組み合わせが楽しいスコーンが並んでいます。
クールの章は塩味スコーン。食事にもなりますね。
ヤマトナデシコの章は和のスコーンが並びます!
洋菓子のレシピの中でも、和の素材を使ったものは、
ほんとに素敵です。
スコーンの間になにかをはさむ、というスタイルも斬新です。
キラキラした雑貨の写真集のようなかわいく、
きれいなスコーンたち。
スコーンを極めたいと思っていた方も、
あまりスコーンに興味がなかった方も惹きつけられると思います。
今すぐ作りたくなってうずうずしてしまう、
テンションのあがるレシピ本でした!
**もくじ紹介**
●ダイアモンドケークスのおいしさのヒミツ
材料、基本の作り方、マジパンの飾りを作る、アイシングとパイピング
●Lovely(ラブリー)
BeBedeux・アイリ・レベッカ・エマ・レイナ・エリザ…etc.
●Innocence(イノセンス)
ピッピ・ミニーメイ・アリエル・ラナ・キャロル・アン…etc.
●Gorgeous(ゴージャス)
●Natural(ナチュラル)
●Cool(クール)
●Yamatonadeshiko(ヤマトナデシコ)
●スコーンな生活
保存と温めなおし・動物をモチーフに作る・スコーンでパフェで楽しむ
飲み物との組み合わせ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加